KTY METHOD
Online Store

Katsuyo Column

「忙しいからケアできない」が10年続くと額の縦ジワはどうなるのか?

額にシワがあるだけで、年齢を感じさせてしまいますが、皆さんはこの皺を老化皺と諦めていませんか?
額のシワは年齢を重ねると共に刻まれるといったイメージですが、実は2つの原因があります。

①肌トラブルの観点からの原因
②表情癖によるシワの固定化が原因

①の肌トラブルについては、加齢による水分やコラーゲン、筋肉の低下、皮膚の痩せと、紫外線による肌ダメージなどが挙げられます。
紫外線対策はもちろんですが、例えばクレンジングや洗顔の際に、ゴシゴシと擦りすぎてしまうことでお肌が乾燥し、額にシワができやすい状態になってしまいます。
数年先のシワを少しでも作らないよう、日頃から気をつけていきたいですね。

また、②の表情癖によるシワの固定化については、自分では気がついていませんが、日頃何気なくしている仕草や表情が蓄積され、
もしかしたら数年先のシワを作り出しているかもしれないということです。
例えば、マスカラを塗るときや、鏡を見ながらドライヤーで頭頂部を乾かしている時など、知らず知らずのうちにしわを寄せている場合があります。
1日のうちのほんの数分の習慣ですが、確実にしわが刻まれてしまうため、表情癖によるシワを作らないように意識することが大切です‼️

「忙しいからケアできない」が10年続くと、感情による表情癖の定着により不要なシワや影だらけになるそうです。

そしてそして、子育て世代に多いのが日常的な子供との関わりの中での叱るという言動・・・この叱るということにより額にシワが定着するのです。
まさに私も子育ての中で、幾度となく叱ることがあります。
叱るという言動は、相手から見ると非常に怖い表情をしています。
叱ることによるシワの定着を注意するのはもちろんですが、子供の顔はママの表情がうつるため、これも絶対に注意しないといけません!

実は、ママの影響が子供には絶大で、いつも同じ怖い顔の印象だと思春期になった子供達は慣れてしまうため、本当に叱る時に怖がられなくなり逆効果です。
子育てをしているとなかなか叱らずにはいられないかと思いますが、ママの表情が子供の表情に影響するのですから、ママが意識的に笑顔でいることを心掛けていきたいですね。

そして、顔の表情はTPOによって使いわけましょう。いつも同じネガティブなイメージを持たれないよう毎日、自分の顔をミリ単位でほぐす顔筋コーディネイトで顔も心も浄化しましょう!

一般社団法人 KTYフェイスアナリスト協会
スクール詳細はこちら

(2018年度開講スケジュール)

⑴インストラクター1期生募集開始♪ 
⑵顔筋コーデイネイタープロフェッショナル養成 
受講生募集開始♪ 
⑶ セルフケア・ハンドコース
⑷ セルフケア・ルヴェコース           

顔筋コーディネイト考案者Katsuyoから資格認定されますと2019年より表参道店にて個人営業活動を開始頂けます!
プロフェッショナル養成コースは、エステサロン経営者&美容師免許保持者&ヘアメイクアーテイストとして活動されている方とは
パートナシップ制度を設けお仕事のキャリアアップを応援いたします。 

2018年スクール説明会・体験会予定 
【日程】
10月19日(金)・11月16日(金)

1部)14時‐15時半 
2部)19時―20時半 

2018年度セルフケア・ハンドコース
【日程】
①2018年10月8日(土)
②2019年2月2日 (土)

2018年度セルフケア・ルヴェコース
【日程】
①2018年11月4日(日)
②2019年3月24日 (日)

セルフケア修了書を取得したスクール生の声は
こちら

前の記事
皮脂、汗、メイクなどによる夏の毛穴汚れやうっかり日焼けに注意!

次の記事
女性の美しさを邪魔する頬のコリとは?

Katsuyoのブログ

取材依頼、メディア出演、雑誌掲載などのお問い合わせは、こちら