KTY METHOD
Online Store

Katsuyo Column

女性の美しさを邪魔する頬のコリとは?

こんにちは。
Katsuyoです。

すっかり秋らしくなり涼しくなりましたね。
乾燥する季節となってくるためスキンケアに気をつけながら冬へ向けてお肌も早めの準備をしていきましょう!

突然ですが、皆さんが考える『また会いたい』と思う人はどんな人ですか?
そしてその人はどんな表情をしていますか?
『また会いたいな』と思えるのかを考えた時、顔の造りの美しさはもちろんですが、
それだけではなく1番のポイントは表情なのです。

笑顔が素敵な人、表情がちゃんとあって、気持ちがちゃんと伝わってくる人・・・
ただ美人やイケメンというだけではなく、大事なのは表情の作り方によって”笑顔の出来栄え”も変わってきます。

表情の作り方が上手に出来ると、自分の感情も上手に好印象に伝わり、感情がわかると、距離感を早く縮められたりします。
その感情を表すのが、目や口や頬の筋肉で表現する”表情”です。

美人は美人でも「無表情」で感情が読み取れなかったり、「口は笑っていても目が笑ってない」ような人は何か裏がありそうな気がして警戒してしまいますよね。
つまり表情の使い方1つで相手への印象も、また笑顔も表情筋の状態により印象ががらりと変わってしまうのです。
いい表情とは、顔を動かしたときに余計なものがない状態です。顔全体の筋肉が硬かったり、頬がこけていたり、左右のバランス差があったりするとキレイな表情とはいえません。
また、例えば眉間に力を入れたり、目を見開いて話すなどの”表情グセ”がある人も要注意!!

キレイな表情を邪魔しているのが、実は”頬のコリ”なんです。顔の筋肉がやわらかい状態でありさえすれば、顔の凹凸や影、左右差もなくなります。
しかし、口角や口周りに力を入れる表情グセがある人は、無意識のうちにやっているため注意しないと、頬の筋肉に強いコリが固定されてしまいます。
頬のコリによって上手く笑顔が作れず、自分では最高の笑顔でいるはずが、相手には作り笑いをしていたり、時には嫌味っぽく見えてしまっている場合があるかもしれません。
そこで、”素敵な笑顔”のポイントをお教えしますね。

★ポイント1★・・・笑ったときに頬に影やシワや溝ができない
★ポイント2★・・・口角が5mm以上、上がっている
★ポイント3・・・頬骨に直径5cmほどの大きな膨らみができる
★ポイント4★・・・目の周辺の筋肉が動き、目尻に自然なシワがよる

ポイント1は余計なものを無くすことと同じで、例えば「ゾンビ線」や「ゴルゴライン」があると不幸そうに見えたり、
老けて見られたりするため、出来る限り、余計なものをなくすのがベストです。

ポイント2とポイント3は連動していて、口角をしっかり上げることで、頬肉が頬骨あたりまで動き、ぷっくりと膨らむようになります。

またポイント4も頬が上がることで目の周辺も自然に動き、目の周りの筋肉がちゃんとほぐれていれば、目もくっきりし生き生きとした表情になりやすいのです。

良い表情、素敵な笑顔をするためには、目と頬の筋肉を上手に使って下さい。
片方ずつ口角を上げられなかったり、口角を上げるときにピクピクする人は注意が必要です。
女性の美しさに邪魔をしているのが目や頬のコリ。

良い表情、良い感情を出すためには、目や頬の筋肉を柔らかくし、コリをほぐすことが大切なのです!
このコリを放っておくと、老け顔の原因にもなってしまいます。
1日1回は顔をチェックし、顔の筋肉のケアを心掛けることで表情の美しさをキープしていきましょう。

KTY顔筋コーディネイト・プロコースにてプロを目指したい方の募集を少しずつ開始いたします。
ますば10月11月の体験会にぜひご参加下さい!

2018年スクール説明会・体験会予定 
【日程】
①10月19日(金)
②11月16日(金)

1部)14時‐15時半 
2部)19時―20時半 

一般社団法人 KTYフェイスアナリスト協会

スクール詳細はこちら

前の記事
「忙しいからケアできない」が10年続くと額の縦ジワはどうなるのか?

Katsuyoのブログ

取材依頼、メディア出演、雑誌掲載などのお問い合わせは、こちら