KTY METHOD
Online Store

Katsuyo Column

夏の肌疲れにご用心

summer skin fatigue

こんにちは、Katuyoです。
夏本番ですね。
実は、ネット検索ワードで「乾燥肌」と調べる人は、9月〜10月が一番多いのはご存知でしょうか?
これは、夏のダメージが9月頃から出初めるからだと考えられます。

「日焼け止めを塗っているから大丈夫」

「毎日、スキンケアで化粧水も美容液も美白剤も塗りたくっているから大丈夫」

なんて思っていませんか?
この時期紫外線はたくさん降り注いでいます。生成されたメラニンの蓄積、角層バリア機能の低下は着実にお肌本来の力を奪っていきます。

そこで早めに乾燥対策を始めなければといってクリームなどをたくさん使用しがちですが、実は肌本来の素肌美を失ってしまう可能性があるのをご存知でしょうか?

人は本来、自然治癒力という力を持っています。病気になっても自然と元の健康な状態に戻してくれる治癒力は素肌にも備わっています。この再生する力、自然治癒力を最大限発揮するためには、日頃からお肌のターンオーバーを促進しておくことが大事です。ターンオーバーとは、肌が生まれ変わる周期のことですが、通常、28〜45日程度の周期と言われています。また、年齢によってこのターンオーバー周期は遅くなっていきます。

そして、実はこの治癒力を高めるためには、毎日の過剰なスキンケアはご法度なのです。お肌は栄養を与えすぎるとかえって疲れてしまいます。肌は過保護にされすぎると、自ら潤う力が損なわれていき、化粧品に頼りっぱなしの状態で年齢を重ねていくことになるのです。

過剰なスキンケアの真逆の方法として「肌断食」があります。3ヶ月間、一切のスキンケアや保湿剤を使わない方法で、確かに驚くほど肌がキレイになる方もいらっしゃるのですが、最初の1ヶ月ほどは肌がボロボロになるのでおすすめしていません。

では、どうすればいいのか?

私はお肌の自然治癒力を引き出す「シンプルスキンケア」を断然おすすめしています。肌に必要ない成分をすべて排除し、必要最低限のケアで肌本来が持っている潤いを呼び覚ます。スキンケアは、肌に働きかけ、肌が自ら潤い始める正常な肌サイクルへと導いてあげることがとても大事なのです。

スキンケアは、肌に水分や栄養を”与える”のではなく、肌を”整える”。

この考え方をぜひ知っていただきたいと思います。

▶︎Suuの詳細はこちら

前の記事
子どもの目が悪いのは親のせい?

次の記事
皮脂、汗、メイクなどによる夏の毛穴汚れやうっかり日焼けに注意!

Katsuyoのブログ

取材依頼、メディア出演、雑誌掲載などのお問い合わせは、こちら