KTY METHOD
Online Store

Katsuyo Column

「痩せた?⤴︎」と「痩せた?⤵︎」の違い

「痩せた?⤴︎」と「痩せた?⤵︎」の違い

こんにちは、Katsuyoです。

「痩せた?」と聞かれると、なんだか褒められた気がして、すぐに喜んでいませんか?

この質問が褒め言葉か否か?の見極め方は、言葉の語尾が上がっているか、下がっているかです。(個人のしゃべり方の癖もあるので100%ではありませんが)

健康的に痩せたという意味合いであれば良いのですが、加齢によって頰がこけると、頬骨が目立って、痩せたように見えてしまいます。

これは、ストレスを抱え、イライラして、心配事や何かに追われていると、交感神経が高ぶっているため、顔の筋肉が硬直し血流がわるくなります。すると顔筋が萎縮して、顔の骨が露わになり、老けた印象を人に与えてしまうのです。

顔に影が出る。凹凸がある。顔や首の骨が露わになっている。

それらは、老け顔に近づいているサインです。
だから顔筋はいつも柔らかくしとく必要があるのです。
顔のコリは老け顔の大敵。

「痩せた?」という言葉に対して、直球で喜んだり、すぐにお礼を言うのではなく、「え、どこが痩せたように見える?」と相手にきちんと聞いた上で自分の印象が周囲にどのように与えているのかを判断するようにしましょう。

さらに、実はストレスは、“顔を大きくしてしまう”原因にもなっています。
顔のエラやフェイスラインの崩れが気になる方は「噛み締め」を疑ってみましょう。

ストレスは、無意識のうちに、噛み締めを引き起こします。夜、寝ている間に噛みしめる力は、硬いお煎餅を噛む力のなんと6倍にもなります。そんな力で噛み続けていたら、顎の筋肉が発達して、フェイスラインが崩れるのは当たり前。

日々、目に見えないストレスを受け続けている私たちにとって、ほうっておいたら、老いが加速するのは避けられない事実。

だからこそ『綺麗に歳を重ねたい』『顔のコンプレックスを無くしたい』と望む方に、顔筋コーディネイトにトライしてみることをオススメしています。

前の記事
一生付き合っていく自分の顔だから

一生付き合っていく自分の顔だから
lever_for_hair

次の記事
生え際がフサフサしてきた、ルヴェの驚きの効果

Katsuyoのブログ

取材依頼、メディア出演、雑誌掲載などのお問い合わせは、こちら