KTY METHOD
Online Store
【期間限定】無料プレゼント!あなた史上最高の顔になる方法

Katsuyo Column

マスクの下は隙だらけ⁉今こそ顔筋ケアをする時‼

感染症が蔓延している今日では、マスクをするのは当たり前になっています。顔の半分以上が隠れるマスクをしていると、自然と表情を作る機会が減ってしまいます。家に帰ってマスクを取り、ふと鏡で自分の顔を見たときに「あれ?ほうれい線深くなった?」「なんだか老け顔になった気が…」なんて感じた経験はありませんか?その違和感、放っておくと更なる老け顔の原因に。

「マスクって顔が隠れるから楽」「化粧しなくてもいいから便利」なんて思っていると、きちんとケアしている人と大きな差ができてしまいますよ。

第一印象が人に与える影響は絶大

人と初めて会うとき一番最初に目に入ってくる情報は「第一印象」つまり、自分が勝手に抱いたイメージでまずは相手を判断してしまいます。しかもその印象の効果は最低3か月から、最長半年間もの間続くといわれています。第一印象が感じの良い人は問題ないですが、誰しもが好印象をもたれるわけではありません。何となく感じが悪い、何となく苦手、なんだか怖そう、などの印象をもたれてしまうと、その印象を払拭するには非常に時間がかかってしまいます。

他人に良い印象を与えない「ネガティブ顔」

機嫌が悪そうな顔というと、どんな顔を想像しますか?

まず代表的なものが眉間に常に深いしわが生じている人。「いつも怒っているのかな?」と想像してしまいますね。次に、口角が下がっていて口元を尖らせている人。「何か不満でもあるのかな?」と感じさせてしまいます。さらに、表情が硬くて凹凸が沢山あると、顔に影や段差が多数出来るため表情が判りづらく、「暗そうな人だな。何となく付き合いにくそうだ。」といった印象が強くなってしまいます。

魅力的で若々しい顔とは?

では、相手に良い印象を与える顔とはどんな顔でしょう?

あなたが初めて会う人と話をする時、目が笑っていない全体的にゴツゴツとした硬い作ったような笑顔の人、目尻が下がって全体的に柔和な笑顔の人、どちらの笑顔に好印象を持つでしょうか。キレイな印象をもたらす顔とは、口角が上がっていて、目元が柔らかい表情をしているだけでなく、表情全体まで柔らかくキレイな印象の方が相手の記憶に残りやすくなります。

 

また、顔の左右差を極力なくすことも人にキレイな印象を与える要因の一つとしてあり、さらに不必要に深いシワが生じていないことも、キレイさや若々しさという観点からみると好ましいと言えます。

 

「私はずっとこの顔だから…」と諦めるのはもったいない!顔の筋肉をきちんとケアすることにより、誰でも愛され顔に近づくことができるのです。

魅力的な顔になるためには顔筋をケアする「顔筋コーディネイト®」

前述したように、第一印象で魅力的な印象を与えるためには、「目」「口元」更には全体の「表情の柔らかさ」が重要になってきます。

 

長年の表情の癖に伴う凝りや歪みを改善するためには、まずは凝り固まった顔の筋肉をほぐしてバランスの良い顔に整えることが大切です。顔の筋肉からケアすることによって、血液の流れる道を整え、顔の細部にまで栄養を届けて顔筋をデザインすることが「顔筋コーディネイト」。手・指または専用の器具(ルヴェ・シリーズ)を使ってミリ単位で筋肉をほぐしながら顔の血流を良好に保ち、顔筋にできる凹凸・影・段差をなくすことで若々しく元気で幸せそうな顔を保ことを目的とします。

季節やTPOに併せて服装を選ぶように、顔筋もTPOに応じて最適な表情を作り出し、第一印象が素敵といわれる自分を目指しましょう。

前の記事
女性の美しさを邪魔する頬のコリとは?

次の記事
魅力を感じる顔ってどんな顔?

Katsuyoのブログ

取材依頼、メディア出演、雑誌掲載などのお問い合わせは、こちら